貸切バスが旅行に最適な理由

大人数での旅行の際、移動手段として貸切バスはとても魅力的です。他の観光バスや、レンタカー、またはタクシーや電車などを利用するよりもお得にご利用できる場合もあります。

貸切バスを利用する一番のメリットはオリジナルのプランが立てられるところです。
観光バスなどを利用した場合、基本的にはツアーとして行き先や運行スケジュールは全ておまかせになってしまいます。自分たちがどこに寄りたくて、どこを観光したいのか。それらがしっかりと決まっている場合は貸切バスの利用が一番です。周りを気にせず盛り上がれるうえに、運転手の心配もいりません。タイヤのパンクなど、何かしらのトラブルに見舞われた際も、全てバス会社が責任を負うこととなっていますので安心して旅行を楽しむことができます。

バスの選び方ですが、バスの種類には「大型バス、25名から60名」「中型バス、20名から27名」「小型バス、10名から25名」「マイクロバス、10名から20名」など、利用される方の人数や予算によって、希望のものを選ぶことができます。ただし、バス会社によっては小型バスがなかったりということもありますので、その辺は前もって問い合わせておきましょう。

貸切バスは、学校の遠足や修学旅行、社会科見学などでも利用可能です。さらにイベント会場までの送迎、冠婚葬祭の送迎など、観光目的以外にも利用することができます。
大人数での移動がある場合は、タクシーや電車でそれぞれ現地へ向かうよりも、皆さんでバスを借りる方が安く済む場合もありますので、大人数での利用を考えている場合は一度検討してみても良いのではないでしょうか。

貸切バスを利用する場合はまず初めにインターネットや電話、またはFAXでバス会社へ問い合わせてみましょう。その際、行き先や旅行プランがある程度決まっていれば、無料で見積もりまで出してもらえるのでおすすめです。見積もりを出してもらった後は、どこでバスを借りるか決めてさっそく予約しましょう。

利用時には注意したい事項もあります。
貸切バスは自分たちの好きに観光ができるというのがメリットですが、それは当日に行き先を決めることができるという訳ではありません。前もってプランをバス会社に伝え、移動距離や時間などから料金、運転手の人数などを決めています。そのため当日になって急に行き先を変更したいと伝えても難しい可能性があります。万が一予定を変更される際は、できるだけ早くバス会社へ連絡をしましょう。

そして一番注意していただきたいのは、バスを予約する時期です。イベントごとが多い7月から11月ごろまでは基本的に繁忙期となるため、1週間前でも予約が取れない場合があります。下手をすると1ヶ月前でも取れない場合があります。旅行の予定日近くになってもバスが予約できていないという事態を避けるためにも、予約はできるだけ早めに済ませておきましょう。