貸切バスの効率よいレンタルの方法について

貸切バスを利用する際に、誰もが気になる点といえば、やはり貸切バスの選び方に関しての要領でしょう。最初に、その事について説明します。
選び方としては、手頃な相場の貸切バスが見つかりさえすれば、それに越したりした事はありません。しかし、現実にはそのようには中々いきません。すぐには、条件に合ったバスが見つからないことを想定をした上で、貸切バス専門の比較サイトをまずは見つけましょう。ピックアップをされた貸切バス事業者を比較しながら、平均的な相場を割り出し、それに近いような事業者を選ぶことができればベストです。

また、比較専門サイトなどにおいて、利用目的の規模についても把握しましょう。自分達の目的規模にちょうど合うような事業者を見つけた場合には、事業者が提供しているサービスプランやレンタルコースの利用についての検討をします。
人数が15名以下の場合には自分達で運転を行うミニバスタイプの車両、20名規模の場合にはマイクロバスタイプの車両、30名規模の場合には中型バスの車両など、参加人数に合わせて決めるとよいでしょう。事業者の担当者への連絡を行い、乗車をするバスレンタル料金など全てに関しての見積もりによる交渉を行い、希望に合う条件ならば交渉成立となります。

プランやコースは、事業所によって異なります。料金面の目安としては、ミニバス車両2日間で約3万円前後、マイクロバス車両で1日あたり約4万円台から5万円台前半、小型バス車両で1日あたり約6万円台、中型バス車両で1日あたり約8万円、10t以上の大型バス車両で1日あたり約9万円台前半から10万円台前後などです。このようにバスの型や、乗車人数によって料金は異なります。さらに様々なオプション利用分の料金がプラスされることもあります。また、団体割引や走行距離割引、観光スポット割引など、プランや用途によって割引を設けている事業所もあるため、基本的な料金をベースに検討するとよいでしょう。

旅行プランと、借りようとしているバスの種類がとマッチングしているかどうかが重要です。希望のプランやコースについては事前に参加者同士で話し合いを行い、ある程度内容が定まった段階で、事業者に相談することをおすすめします。そのためには、参加者一人ひとりが行動範囲、必要な設備など希望を具体化しておく必要もあるでしょう。用意できる旅費も参加者それぞれで違うことも考えられます。
幹事になった人は、意見をまとめるのが大変かもしれませんが、楽しい旅行にするためには、考えていく必要性が出てくるでしょう。